2年目になって感じたこと。

みなさんこんにちわ(^^) ウィズ・テック入社二年目の尾山です。 今回、一番最初のコラムを書かせていただけるという事で (どんな感じで書けばいいのか迷走中ですが(笑)) 今年入社された後輩たちや、ウィズ・テックを受けてみようかな、、、 と迷っている方々に、少しでもウィズ・テックとはどんな会社なのか どんな風に私たち自身が成長しているのか知ってもらえるようにがんばって書いてみたいと思います。

先ほども冒頭で書かせていただきましたが、私は入社二年目です。 昨年の初春に右も左もわからないまま北海道から上京して来ました。 それに加え、ITとはどんな仕事をしているのかさえもわからないまま、ウィズ・テックに入社しました。

未経験のまま私は現場に行かなければならないのか、、、と不安に思っていましたが、ウィズ・テックには3ヶ月の新人研修というものがあります。 この研修では、ITの仕事をする上で必要となる言語の基礎を学びます。 (3ヶ月とは言っても、たくさん覚える事があり、私自身ついていく事で必死でしたが。。。笑) 基本的には一人ひとりにパソコンが与えられ、実践教育となり、プログラミングを学びます。 研修には未経験の人もいるので、休み時間にお互いの意見を言い合いながら、未経験なりに、いま自分がぶつかっている問題を解決していった記憶があります。 ただ、経験者が多いので、おいていかれた事も多々あります。笑

そして月に一度、成果発表会というものがあります。 新人が今まで習ってきた言語を使い簡単なシステムを作り、その成果を社員数名が研修先に見に来る、というものです。 自分がその研修で、どれだけ成長できたかをアピールできるチャンスなので、刺激になります。 最終月にはその研修で同じクラスになった人たちといくつかチームを作り、約1ヶ月をかけて一つ大きなシステムを作ります。 それが一番大変だったな~と今でもつくづく思います(-。-;) しかしそのせいもあるのか、研修で仲良くなった子と飲みに行ったり、お出かけしたりしています♪

また、研修中には懇親会というものがあり、月に2回ほど、社員さんとお話ができる機会を設けていただきました。 先輩社員の中にも未経験で入社された方もいるので、今までの苦しかったこと、つらかった事など聞かせていただきました。 その中でも自分ひとりでシステム開発ができた喜び、周りと協力してやり遂げることのできた達成感。 そのすべてが、未経験でこの業界に入った私への励みになりました。

2年目とはいえ、すべての言語には触れていません。 今でもわからない事だらけです。 簡単な事なのに、難しく考えてしまう事があります。 頭が固いとよく言われます。 富士山で言えばまだ1合目です。 バスでも5合目まで行けていません。笑

それでもこの会社に入って一番よかったと思うことがあります。 時には先輩・上司と冗談も言い合います。 時には先輩・上司に厳しく注意されます。 それでも、ウィズ・テック社員、全員が優しく教えてくれます。

2年目になって、去年入社当時より少しは成長できたと思います。 (上司にはなんて言われるかわかりませんが、、笑) でもまだまだこれからです。 今よりずっとずっと悔しい思いもたくさんすると思います。 それでもこの業界に入ると決めた以上、負けずに日々成長していきたいと思います。

by.尾山